チラシを作成するときに、あまりいろいろな情報を盛り込みすぎないようにすることです。
塾開業と資金

チラシ作りの意外なポイント

塾開業と資金
小規模の学習塾を運営している所にとって、宣伝手段として重宝されているのは、チラシです。
皆さんも宣伝手段の一つに、チラシの活用を検討している人もいるでしょう。
チラシを作成するときに、いろいろと注意しないといけないポイントがあります。
その中でも意外と感じられる項目として、チラシの空白をできるだけ取ることが挙げられます。
チラシを素人が作成しようとすると、どうしてもいろいろな情報を限られたスペースの中に入れたがります。
そうすると、どうしても隙間のないたくさん文字の入ったチラシになってしまいます。
もしそのようなチラシを皆さんがみる立場になったとして、そのチラシを真剣になってすべてみようとしますか?
ごちゃごちゃとしているので、ちょっと見ただけではじいてしまうのではありませんか?
プロの作ったチラシを見てみると、空白がほとんどないではないかという人もいるでしょう。
しかし業者の作っているチラシは、コート紙と呼ばれる特殊な髪を使っていますし、レイアウトや情報の配分バランスもきちんと考えて制作されています。
このため、空白があまりなくても、ちゃんと見る人からは見やすいように工夫はなされているわけです。
しかし皆さんがチラシを作る場合には、いわゆる簡易印刷を使うことになるでしょう。
簡易印刷の場合、空白をある程度確保しておかないとチラシが見づらくなってしまいます。
チラシの下書きが完成したら、自分で一回見てみましょう。
見づらいと感じるのであれば、修正すべきです。

お役立ち情報