学習塾を開業しようとした場合、どの程度の資金が必要と考えた方がいいのでしょうか?
塾開業と資金

塾開業と資金

塾開業と資金
子どものために学習塾を開業しようと思っている人はいないでしょうか?
学習塾を開業するためには、資格や認可が必要と思う人もいるかもしれません。
しかし基本的には資格や認可などがなくても、だれでも開業しようと思えばすぐに学習塾を開業することは可能です。
もし自宅で自分一人で教えるような小規模の塾であれば、極端な話テーブルとイスが一つあれば、塾経営をすることは可能です。
ただしある程度の規模の塾を運営していきたいと考えているのであれば、それなりに開業するための資金が必要になります。
まず机やいす、ホワイトボードといった備品が必要になります。
その他には学習塾を運営していることを知らせるための看板などが必要になるでしょう。
またパソコンやコピー機といった電化製品もいろいろと必要になります。
教材や文具なども必要になるでしょう。
ここまでで普通に購入すれば、300万円程度の資金が必要になります。
ただしリサイクルショップなど経費節減に集中すれば、100万円くらいのコストで必要な物資を調達することもできます。
また教室を借りるための費用も必要になってくるでしょう。
教室を借りるときには、あまり経費削減のことを頭に入れないことです。
家賃の交渉をして安くしてもらうことはもちろん重要ですが、多少お金がかかってもそれなりのスペースを確保しておくべきです。
そして問題になるのは、塾生を募集するための宣伝費用です。
これは費用をいくらかけても、効果がどの程度上がるのか全く予想のできない所があります。
しかし宣伝費に関しては、少なくても100万円程度は掛ける必要があると思ってください。
また塾開業をして、すぐに経営を軌道に乗せられる保証はありません。
少なくても半年くらいは生活できるだけの資金が必要になるでしょう。
このように考えていくと、学習塾を開業する前に500〜600万円程度の資金を用意しておくべきです。
この程度のお金があれば、当面は塾経営を続けられるはずです。